有限会社 舟橋工業 はダイカストマシンで亜鉛鋳造をする会社です

愛知県半田市港町3丁目146番地

有限会社舟橋工業 ISO 9001 認証取得

TEL 0569-23-0117

舟橋の技術

亜鉛合金ダイカストとは

美観・耐久性を必要とする製品に

高温で溶融した金属を、金型内に高圧で注入して成形するダイカスト。中でも亜鉛合金ダイカストは寸法精度にすぐれ、めっきによる表面処理にも向くことが特長です。そのためアルミに比べて精密・複雑形状・薄肉の製品、特に人の目にふれる箇所の美観を求められる製品に向いています。また樹脂成形と比較して衝撃にも強く耐久性も高いため、日常的に繰り返し使用する製品や、傷のつくおそれのある製品にも適しています。

製品例はこちら

舟橋工業の研磨技術

職人の手作業による最高級の仕上げ

ダイカスト成形後の研磨には、2種類の方法があります。コストパフォーマンスが優先される製品は、振動バレルによる機械研磨で仕上げます。最高級の仕上がりが求められる製品は、手作業のバフ研磨によって仕上げます。わずかな力加減が仕上がりを大きく左右し、熟練を要するバフ研磨ですが、この技術を持つ技術者は業界全体を見ても少なくなっています。当社では30年以上の経験を持つスタッフを筆頭に、その技術を受け継ぐ社員が、お客様の高度なご要望にお応えしています。

品質保証体制

高い要求にお応えする外観検査体制

当社では、世界を代表する自動車メーカーの最高級車のドアノブも手がけています。きわめて高い品質要求に、成形・研磨技術はもちろん、厳格な外観検査・品質保証体制でもお応えしています。

製品紹介

自動車用ドアノブ(外側用)

最高級車に使用されるドアノブは、鋳肌のなめらかさと手作業のバフ研磨の技が光る逸品。
どの角度から見ても、わずかな凹凸もなく均一に光を反射する美しさにこだわった、当社を代表する製品です。

給湯機用回転部部品

給湯機の冷水・温水の切り替えを行う回転部分に使用される部品。手を傷つけないため、鋳肌のなめらかさが求められます。樹脂製よりも美観にすぐれていることから高価格帯商品に、また丈夫で壊れにくいことから公共向け商品に、金属製部品が採用されています。

バス用ドアノブ(内側用)

手動で開け閉めするバスの内側のノブは、耐久性と安全性、外観のよさが求められる製品。操作時の安全性や安定感にもすぐれています。

遊技機用メダル投入口

金属製のメダルが繰り返し当たる遊技台のメダル投入口用部品。
樹脂製に比べ耐久性の高い金属製部品は、近年、推進されている遊技台のリユース・リサイクルを後押ししています。